忍者ブログ

やたろう探し

上杉謙信の家臣 鬼小島弥太郎について、考えてみたり調べてみたりする趣味のブログです。

乙吉扣城(伝・城主)

乙吉扣城(おとよしひかえじょう)
鬼小島弥太郎の居城だと言われています。

乙吉城とセットのお城です。
乙吉城は夏城、乙吉扣城は冬城と呼ばれており、乙吉扣城は居城兼冬季期間の城だったようです。
周辺に城下、城口、馬場などの地名があり、複数の曲輪、土塁堀切があるそうなので、こちらの方が普段使われていた城なんじゃないでしょうか。

現在、乙吉神社がある場所の裏手の丘が城跡です。
登城口は乙吉神社ではなく、その近くの道からのもようです。
(行ったことはないけど、縄張り図見る限り)

神社さん入口


御手水があります。
横の祠が米沢(上杉家が越後から引っ越しした先)で特徴的な形状と有名なお墓形状と似ているのですが、何か関係性あるのでしょうか。
妙高・飯山・甲府でも見かけましたが、ここのが一番新しいですし、他のはお墓でしたがこちらは祠のようですね。
 

神社さん。ちゃんとお参りさせていただきました。

 

神社さんの右手裏。
この丘の上が乙吉扣城跡のはずです。
(ここからは登れません。
「長岡市史 資料編1」の縄張り図に、登城口も書かれてたので登りたい人はそちらを参考にしてください。)
 


行った時のレポ(別ブログ)


住所:新潟県長岡市乙吉町字岩村ほか
参考文献:温古の栞
 長岡市史 資料編1

拍手[0回]

PR

龍穏院(伝・中興開基)

鬼小島弥太郎が、龍穏院さんの中興開基(寺を再建した人)と言われているそうです。


鬼小島が亡くなった際に、謙信が鬼小島の父に命じて鬼小島の菩提寺としたそうです。
鬼小島の供養塔の他、墳墓、観世音木像、薙刀、鐙が保存されています。



境内に昭和に建設された鬼小島の供養塔があります。
山門入ってすぐの左側。
 

墳墓
鬼小島のお墓と言われています。

一般檀家さんのお墓の中にあります。崖ギリギリの場所にありました。
地震により崖から転落・石垣なども大破した…とのことなので、元々の形とは少し変わってしまっているようですね。


参道と山門。
苔むしてて素敵。


本堂。
 
本堂の中には、鬼小島の守り本尊と伝えられる観世音木像(馬頭観世音菩薩坐像)が祀られています。
地震で大破したとのことですが、素人目にはどこが壊れているのかまではわかりませんでした。
ちなみに、御本堂の中がシックでかっこよかったです。


こちらのお寺さんの裏手の山が乙吉城と言い、鬼小島の城だと言われています。
元は乙吉城の東に龍穏院さんはあったそうですが、鬼小島が亡くなった時に父三郎兵衛さんによって乙吉城の東南(現在の位置)に移されたとのことです。



>龍穏院行った時のレポ(別ブログ)<
龍穏院行った時のレポ2(別ブログ)


住所:新潟県長岡市乙吉町3316

参考文献:温古の栞
 上杉謙信謎解き散歩 花ヶ前盛明編著
 曹洞宗 安楽山 龍穏院略史
 安楽山・梅樹林・龍穏院の歴史を訪ねる~No2、3~


2018/4/30更新(追記:青字)
2016/8/19更新
2016/8/17初稿

拍手[0回]

乙吉城(伝・城主)

鬼小島弥太郎が城主であったと言われています。


乙吉城は本城もしくは夏城と言い、
乙吉城の馬場跡より少し行った山上が居城、もしくは冬城と言うそうです。
その名前から、
夏は乙吉城(夏城)で政務を行い冬城を住宅として、
冬は冬城が政務所兼住宅になったのではないでしょうか。
乙吉城(夏城)の方が戦には優れているけど、雪が降ったら登城するの大変すぎるんじゃないですかね。


1つ前の記事の>龍穏院(伝・中興開基)<の裏手の山です。
お城の麓に城主さんの菩提寺があることが多いですね。


尾根上に切崖で区画された二つの曲輪からできており、山の麓には乙吉川が天然の水掘となっています。
規模も小さく簡略な縄張りとのことです。
文明年間の知行帳に乙吉を支配していた小島源三郎さんの名前が見られることから、おそらくその辺りには乙吉城は小島氏の城だったと考えられています。



行った時のレポ(別ブログ)

住所:新潟県長岡市乙吉町字堂ヶ峯

参考文献:温古の栞
 上杉謙信謎解き散歩 花ヶ前盛明編著
 曹洞宗 安楽山 龍穏院略史
 長岡市史 資料編1
 新潟市史 資料編3 長尾・飯沼氏等知行検地帳


2018/4/30更新(追記:青字)
2016/8/19更新
2016/8/17初稿

拍手[0回]

生まれ

生まれについても、複数の逸話があります。
こちらも列挙。
詳細は別記事にて記載します。

・府中(新潟県 直江津)の侍(ソース後ほど記載)

・乙吉(新潟県 長岡)(ソース後ほど記載)

拍手[0回]

死亡や出奔

死亡・出奔などの最後の消息として言われている逸話が複数あります。
聞いたことがあるものを、列挙します。
それぞれについての詳細は別途記事で書くつもりです。

・謙信の代に出奔し、会津に仕えた。(北越太平記)

・景勝の代に牢人。(上杉将士書上)

・永禄三年正月一九日 金澤原にて討死。(温故の栞)

・永禄三年六月一三日 正月一九日金澤原合戦の帰陣中に受けた毒矢が原因で死亡。(龍穏院略史)

・永禄四年九月十日 川中島で深手を負い、春日山に帰る途中で足手まといにならないよう割腹。(史跡にある看板に記載あり。元ソースはまだ未確認)

・謙信死亡後に出家(ソース未確認)

・謙信死亡後に帰農。景勝会津移封に伴い会津について行った(ソース未確定)

他にも見つけたら追記します。



2018/4/30追記(青字部分)
2017/11/05追記
2017/7/2初稿

拍手[0回]

ブログ内検索

バーコード