忍者ブログ

やたろう探し

上杉謙信の家臣 鬼小島弥太郎について、考えてみたり調べてみたりする趣味のブログです。

文献での登場時期

( )なしが、「執筆された」とされている年代で、
( )ありが、幕府提出・書き写しなどの年代


1578年(天正6年)  上杉謙信 没
1600年(慶長5年)  関が原の戦い
1614年(慶長19年)  上杉三代日記 書印ありの日記・大阪冬の陣
1615年(慶長20年)  上杉将士書上 執筆・大阪夏の陣
1623年(元和9年)  上杉景勝 没
1645年(正保2年)  上杉定勝 没
 1669年(寛文9年5) (上杉将士書上 幕府へ提出)
 1688~1704年(元禄年中) (上杉三代日記 書き写し)
1694年(元禄7年)  越後頸城郡 春日山長尾謙信公古城の圖 ※鬼小島屋敷なし
1696年(元禄9年)? 謙信公御年譜(上杉家御年譜 謙信の部分)完成
1698年(元禄11年)   北越軍談 軍記物
1702年(元禄15年)  春日山城図 ※鬼小島屋敷なし
 1738年(元文3年)  (上杉三代日記 書き写し)
1836年(天保7年)   越後春日山古城圖
1849年(嘉永2年)   鶴城叢談
1823年以前(文永6年以前) 甲越軍記 軍記物
(江戸時代後期)    甲越信戦録  軍記物
江戸時代(幕末)以降  春日山城形圖博
 慶応4年        (春日山城形圖博 書替)
江戸時代(幕末)~明治時代初期 越州春日山城の圖
明治時代        天覧絵図
明治23~26年      温古の栞




上杉三代日記、上杉将士書上が執筆された時、まだ上杉景勝生きているのですよね…。
本人が全部、とは言わなくても近い人なりなんなりが目を通しているんじゃないかと。
その本には、小島弥太郎は記載あり。
後の世に伝わる小島弥太郎とイコールではなくても、同じ名前か近い名前の人はいたんじゃないかな…と現状思っています。

軍記物が流行るよりも前の時期かと思われますので、小島弥太郎が架空の人物であれば、
無理にいれなくてもいいんじゃないか?な時期でもありますし。
その後の書き写しでうっかり入れてしまったと考えても、
 1669年(寛文9年5) (上杉将士書上 幕府へ提出)
に関しては、幕府にも提出しているので現在に伝わっている「上杉将士書上」と大きくは異なっていないんじゃないかなーと思うのですが、どうなのでしょう?
軍記物などの影響で、どんどん話が盛られていくとかはあるかと思いますが。


気になるのは、甲陽軍鑑の成立日。
甲陽軍鑑上では、1575~1586年に書いた、と書かれており、
甲陽軍鑑の写本は1621年(元和7年)に書き写した、とのことです。
軍記物がすごい流行ったのは甲陽軍鑑の影響である、と言いますし。
そこ関係してきそうかな、とも思いますので、甲陽軍鑑も読んでみないといけませんね…。



ところで、大阪冬の陣・夏の陣の時期に上杉三代日記、上杉将士書上って書かれていたのですね。
戦争してても、それはそれとして事務仕事は必要であり、訥々と仕事が行われるのだなぁと関係のない感慨がありました。

拍手[0回]

PR

赤金塗紫白糸威二枚胴具足

赤金塗紫白糸威二枚胴具足 宮坂考古館


鬼小島弥太郎の具足と伝えられている甲冑です。
前立てが月、具足のところどころに花菱の紋(おそらく家紋)がある、ど派手な赤x金の具足。
名前の通り、
赤金塗(赤と金で塗られている)紫白糸威(紫と白の威し糸の)二枚胴(胴の部分を展開すると、前後2枚に分かれる)具足です。

武田家伝来とも言われているらしく、ところどころ上杉風な部分もあるものの関東型、とのことです。



UPしてもいい写真を持ってないので、自作イラストですが、こんなかんじの甲冑です。



上杉謙信・景勝と家中の武装 竹村雅夫著」の「胸取毛引鍼二枚胴具足」と同一の甲冑と思われます。
こちらの本には、写真や詳細な解説の記載もあり。

「山形県の甲冑」において佐藤東一さんは「伝・武田家伝来」と言ってるそうです。
「上杉謙信・景勝と家中の武装」では竹村雅夫さんが「武田三郎信清(上杉景勝の正室の弟で、上杉家に仕えた)」の着領ではないか、と記載していました。

拍手[0回]

名前(追記)

一般的に言われているのは「鬼小島 弥太郎(おにこじま やたろう)」ですけど、名前がいっぱいいある…。

ので、まとめてみます。


●名字
名字:小島、小嶋、鬼小島、鬼小嶋
小島=小嶋です。「嶋」と「島」は同じ文字です。
同じ文字だけど見た目が違うものを異体字と言うそうです。

「鬼小島」は鬼のように強い小島だから、とつけられたあだ名と言われてます。
謙信に「鬼」の字を賜ったという逸話と、
ソース未確認ですが、周りから言われたのを気に入って実際に名字にしちゃった…と逸話もあるそうです。

●通称(字)
弥太郎、彌太郎
弥太郎=彌太郎です。「弥」の旧字体が「彌」。

●実名(諱)
貞興、一忠、政直、(虎秀)、貞弘、家正、(一宗)
文献によって色々。
※( )になっているものは「一本xx」と書かれていたもの。文面的に「またはxx」と言う意味かと思いますが、勉強不足で確信がもてないので、( )としています。
※昔の人は、通称を世継ぎに継がせることがあるので、同じ「小島弥太郎」でも息子とか孫とかもいるのかも…。あと実名変えてしまう人もいますし。謙信とか。

●異名(現在と同じ意味のあだ名)
度々助


●文献による違い
・上杉三代日記…上杉資料集下巻
 鬼小島弥太郎一忠

・上杉将士書上…上杉資料集下巻
 鬼小島弥太郎平一忠

・鶴城叢談(かいじょうそうだん)…山形県史資料編3
 鬼小島弥太郎政直(一本虎秀)

・甲越軍記
 小島彌太郎…初期登場時
 鬼小島彌太郎…どこから「鬼小島」に変わったのか未確認。謙信の部下になる辺りから…?

・甲越信戦録…戦国哀歌 川中島の戦い 甲越信戦録 現代語訳・解説付 岡澤由往訳
 小島弥太郎一忠

・温古の栞
 小島彌太郎貞弘
 鬼小島彌太郎貞弘

・北越軍談
小島弥太郎家正(または一忠)
鬼小島弥太郎家正
小島弥太郎家正(一本一宗)
僚友からの異名:度々助
※「器量・骨幹諸人に勝れ、拳を以て兜の鉢を拗挫く(ひねりくじく)程強力、毎度の戦場に攬(とり)て揮ふ故に、僚友是を呼て、度々助と異名す。」
毎回毎回戦場で強いよな!→毎回毎回→度々→あだ名っぽく「度々助」…なのかな?と自分は思ってます。


上杉家御年譜では「小嶋弥太郎貞興」と記載されているそうです。
ただ、自分のメモしか手元に見つからないため、再確認後追記します。




2016年12月19日更新
2016年9月23日更新
2016年8月13日初稿
※最新更新部は赤文字

拍手[0回]

文献の信憑性とか

文献の信憑性とかって、どこでみわければいいのでしょうかね。
古ければ信憑性高い!ってものでもないし。
一次史料も当時の人の勘違いとか誤解とか、わざと嘘情報で撹乱狙ったりとか、そういうのありますし…。

研究家さんの書籍とかで、信憑性が高いものとして挙げられているものがやはりよいのだろうなとか思うのですが…。
軍記物はあくまでも物語!と思っていると、意外と本当のことも多いのではないか、って研究結果が発表されることもあるようで。

とりあえず今はひたすら調べてみようと思っています。

ただ、軍記物語とかに関しては、少なくとも「書かれた当時、こんな風に思われてた」もしくは「書かれたことにより、その後そう思われ始めた」ってことは言えそうですね。
現在でも、人気歴史漫画やゲーム、小説、ドラマで、その人物の前後の評価って変わりますし。

江戸時代も好きなので、それはそれで面白そうかな。時代背景もあるでしょうし。

拍手[0回]

人柄

●乙吉城主 鬼小島彌太郎貞弘
剛力にて非凡の行状あり。
温厚篤実にて神仏を敬信し、領民を愛撫すると一子の如し。
 ~温古の栞より

弘治二丙辰八月 貞弘署名の家中法度書では、
 上を敬い、下々を憐み、朋輩交わりよくしなくてはならない、
 約束は守りなさい、
 常に戦場と思い、住居衣服食事を驕らず、武具はよくよく訓練しなければならない
 別腹でも家督は長男に譲りなさい、
 出陣の際、下々に乱暴してはならない、
 目下の者でも雪道では片足よけてあげなさい、
(家中法度の一部、訳です。)
など、この文献の鬼小島は、領民や家臣を大事にし、
敵に対しても卑怯非道な行いを良しとしない、とても立派な武士…と言う雰囲気です。

※弘治二年八月:上杉謙信が出家しようと家出していた先から帰ってきて、上杉家中の内部分裂を収めた頃。


参考文献:温古の栞

拍手[0回]

ブログ内検索

バーコード